BookLive「ブックライブ」の軍隊日記無料試し読みコーナー


黒島伝治の農民もの、シベリアもの、どちらの小説も、古いフィルムを回しながら観る映画のようだ。この『軍隊日記』は姫路聯隊へ入隊するために東京を引き上げる日、すなわち大正八年十一月二十日から書きはじめられ、シベリアへ動員される直前の大正十年四月八日で「除隊の日まで』と題する第一冊がおわり、第二冊目は『星の下を』という題でシベリア時代の日記となり大正十一年七月十一日兵役免除となって帰郷し、さらに翌年の七月九日の日附のところでおわっている。日本文学のなかで軍隊生活に取材した小説は相当あるが、作家の手で書かれた軍隊日記はおそらく黒島伝治の『軍隊日記』が唯一のものではないだろうか。(壺井繁治記)【著者】黒島伝治香川県の小豆郡苗羽村(現在の小豆島町)に生まれる。実業補習学校を卒業して醤油工場に勤務、学資を貯めて上京し早稲田大学予科の選科生となる。このため徴兵猶予の対象とならず1919年には兵役の召集を受け姫路の連隊に在営、シベリア出兵に看護卒として従軍した。この体験が、彼の代表作である『渦巻ける烏の群』『橇』などの〈シベリアもの〉とよばれる日本文学史上稀有な戦争文学として結実することとなる。1922年病を得て小豆島へ帰郷する。
続きはコチラ



軍隊日記無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


軍隊日記「公式」はコチラから



軍隊日記


>>>軍隊日記の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)軍隊日記の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は軍隊日記を取り揃えています。軍隊日記BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると軍隊日記は432円で購入することができて、軍隊日記を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで軍隊日記を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)軍隊日記を勧める理由


「色々比較しないで決めてしまった」と言われる方は、無料電子書籍はどこも一緒という考えかもしれないですが、サービスの詳細については会社によってまちまちですから、比較してみることは必須だと思います。
どんな物語かが分からないまま、タイトルと著者名だけで読むべきか決断するのは冒険だと言えます。試し読み可能なBookLive「軍隊日記」であれば、ざっくり内容を精査してから購入できます。
利益が発生しない無料漫画を敢えて置くことで、ユーザーを増やし収益増加へと結びつけるのが販売会社サイドの目標ですが、もちろん利用者側からしても試し読みできるので、購入の判断がしやすくなります。
スマホ所有者なら、BookLive「軍隊日記」を時間を気にすることなく漫喫できます。ベッドに寝そべって、目が重くなるまでのリラックスタイムに読むという人が多いとのことです。
評判の無料コミックは、タブレットなどで見れます。外出先、仕事の合間、医療施設などでの待ち時間など、何もすることがない時間に簡単に楽しめます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ