BookLive「ブックライブ」の思い出の街無料試し読みコーナー


かつて中島梓が運営していたHP、神楽坂倶楽部に2004年3月に1か月に渡り連載されていたエッセイ。 中島梓は神楽坂倶楽部というホームページを運営し、毎朝更新するのを日課にしていました。本書はその神楽坂倶楽部の2004年3月1日から31日まで連載されていたエッセイをまとめたものです。 新婚時代を過ごした赤坂、大学時代を過ごした早稲田、中学・高校時代を過ごした大塚などが、中島梓の個人的な思い出と共に当時の時代を感じさせるエピソードをまじえて生き生きとした筆致でつづられています。【著者】中島梓 1953年、東京に生まれる。1977年、「文学の輪郭」で群像新人賞。1978年「ぼくらの時代」で江戸川乱歩賞受賞。1981年「弦の聖域」で吉川英治文学賞新人賞を受賞。2009年5月没。SF、ファンタジー、ミステリ、評論、エッセイなど多くのジャンルを手掛け、中島梓・栗本薫名義で400冊を越える著作がある。代表作「グイン・サーガ」は2009年12月発売の130巻「見知らぬ明日」で栗本薫名義の刊行は中断、以後五代ゆう、宵野ゆめが続刊を引き継いでいる。
続きはコチラ



思い出の街無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


思い出の街「公式」はコチラから



思い出の街


>>>思い出の街の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)思い出の街の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は思い出の街を取り揃えています。思い出の街BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると思い出の街は378円で購入することができて、思い出の街を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで思い出の街を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)思い出の街を勧める理由


ユーザー数が急に増えてきたのが、若い人に人気のBookLive「思い出の街」です。スマホを使って漫画を読むことが簡単にできるので、大変な思いをして漫画を持ち歩く必要もなく、持ち物が少なくて済みます。
「漫画の数があまりにも多くて参っているので、買うのを辞めてしまう」ということがありえないのが、BookLive「思い出の街」の良いところです。気が済むまで買い入れても、整理する場所を考えなくても大丈夫です。
読み放題サービスというのは、電子書籍業界にとりましては全くもって斬新的なトライアルです。ユーザーにとっても販売者サイドにとっても、利点が多いということで、早くも大人気です。
本や漫画類は、お店で内容を確認して買うことにするかどうかを決める人が多いらしいです。けれども、近頃はひとまずBookLive「思い出の街」サイトで1巻だけ購読し、それを買うかどうか判断する人が多いのです。
一括りにして無料コミックと言われましても、扱われているジャンルは広範囲に及びます。少女漫画から青年漫画まであるので、あなたが希望するような漫画が絶対見つかるはずです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ