BookLive「ブックライブ」の入庵雑記無料試し読みコーナー


流浪の俳人尾崎放哉は90年前、小豆島の島民に看取られその生涯を終えた。今も島に生きる「放哉さん」。「入庵雑記」は放哉が小豆島に来て3ヶ月後に書いたもの、亡くなる半年前1925年と思われる。自由律俳句の俳人放哉が終焉の地、小豆島西光寺の南郷庵に暮らした年月はわずか8ヶ月であった。海が好き、母恋し、しかし放蕩わがままな放哉にとって、暖かく包み込むような島民のお世話を得て、小豆島は放哉最期にふさわしい場所ではなかったか。著名な句「咳をしてもひとり」の放哉はまた随筆の達人であった。メソメソしたところが目につくものの、言葉使いの美しさは絶妙で、やはり放哉ならではである。【目次】島に来るまで海念仏鉦たたき石風灯【著者】尾崎放哉鳥取県鳥取市出身。東京帝国大学(現在の東京大学)法学部を卒業後、東洋生命保険(現:朝日生命)に就職し、大阪支店次長を務めるなど、出世コースを進み、豪奢な生活を送っていたエリートでありながら、突然、それまでの生活を捨て、無所有を信条とする一燈園に住まい、俳句三昧の生活に入る。
続きはコチラ



入庵雑記無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


入庵雑記「公式」はコチラから



入庵雑記


>>>入庵雑記の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)入庵雑記の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は入庵雑記を取り揃えています。入庵雑記BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると入庵雑記は432円で購入することができて、入庵雑記を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで入庵雑記を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)入庵雑記を勧める理由


読み放題プランというシステムは、電子書籍業界からすれば正に先進的とも言えるトライアルなのです。利用する側にとっても著者や出版社にとっても、プラスの面が多いと言うことができます。
本や漫画類は、本屋でパラパラ見て購入するかの結論を出す人が過半数を占めます。けれど、ここ最近はBookLive「入庵雑記」にて1巻だけ読んで、それを買うか判断するという人が増えています。
お店にはないというような少し前の作品も、電子書籍なら販売しています。無料コミックのラインナップには、中高年層が昔堪能し尽くした漫画もあったりします。
お金にならない無料漫画を敢えて置くことで、サイト訪問者を増やし売り上げ増加に繋げるのが電子書籍を運営する会社にとっての目的ですが、同時に利用者側も試し読みができるので、中身をある程度見極められます。
コミックサイトは一つしか存在していないわけではありません。それらのサイトをきっちりと比較して、自分に合っているものをチョイスすることが大切です。そうすれば失敗することも少なくなります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ