BookLive「ブックライブ」のなんという甘いこと無料試し読みコーナー


まだ始まってもいない物語の空想段階はほどよく甘い25歳と28歳と24歳。この短編には3つの時間が流れている。24歳、25歳、28歳と自然の時間の流れに沿うのではなくまず25歳から始まるが描かれる場面は28歳のそれで、そこからパッと現実に引き戻されるが、その着地点はさっきまで彼女がいた25歳ではなくもう1年昔の24歳。そのようなささやかな、しかしめまいのするような時間のアクロバットによって、彼女はいま、ある「甘さ」の中にいる。それは弱さであると同時に貴重な甘美さでもあるだろう。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



なんという甘いこと無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


なんという甘いこと「公式」はコチラから



なんという甘いこと


>>>なんという甘いことの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)なんという甘いことの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はなんという甘いことを取り揃えています。なんという甘いことBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとなんという甘いことは270円で購入することができて、なんという甘いことを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでなんという甘いことを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)なんという甘いことを勧める理由


「アニメに関しては、テレビ番組になっているものだけ見ている」というのは前時代的な話だと言うしかないでしょう。なぜなら、無料アニメ動画などをネット経由で見るという形が増加しつつあるからです。
どういった物語なのかが理解できないままに、カバーの見た目だけで読むべきか決断するのは難易度が高いです。タダで試し読み可能なBookLive「なんという甘いこと」ならば、大まかな内容を精査してから購入可能です。
スマホ一台の中にこれから買う漫画全部を保管すれば、本棚の空きスペースを心配する必要が皆無になります。物は試しに無料コミックから挑戦してみると良いでしょう。
手に入れたい漫画はいっぱいあるけど、手に入れたとしても狭くて収納できないという人は結構います。そういう理由で、整理場所を考慮しなくて良いBookLive「なんという甘いこと」の評判が上昇してきたのです。
「ここにあるすべての本が読み放題であったらどんなに良いだろうね」という漫画好きのニーズを反映する形で、「月に決まった額を払えば毎回の支払いはいらない」という形式の電子書籍が登場したわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ