BookLive「ブックライブ」の鏡が必要です無料試し読みコーナー


私は鏡、鏡は彼女、彼女は私不可思議な短編小説である。登場人物は3人。女が2人で男が1人。しかし女のうちの1人は、確かにそういう女性が存在すると会話の中で示されるだけで実物はシーンの中に現れない。そしてその現れない彼女と今ここにいるもう1人はとてもよく似ていて、服も共有、部屋も共有、そしてどちらがどちらなのかわからなくなる瞬間がある、というその生活が、女と男の食事中の軽い会話の中で明らかになる。鏡の中のエロス、としてのポルトレ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



鏡が必要です無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


鏡が必要です「公式」はコチラから



鏡が必要です


>>>鏡が必要ですの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)鏡が必要ですの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は鏡が必要ですを取り揃えています。鏡が必要ですBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると鏡が必要ですは270円で購入することができて、鏡が必要ですを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで鏡が必要ですを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)鏡が必要ですを勧める理由


一口に無料コミックと言われましても、取り扱われているジャンルは非常に幅広いです。若者向けの漫画から大人向けの漫画まであるので、あなたの趣味嗜好に合う漫画をきっと探し出せるでしょう。
無料コミックなら、購入を迷っている漫画の内容を0円で試し読みすることが可能になっています。購入する前にあらすじを一定程度まで把握可能なので、非常に好評です。
毎月定額を払えば、多岐にわたる書籍を制限なく閲覧することができるという読み放題サービスが電子書籍で人気を博しています。一冊単位で購入せずに読めるのがメリットと言えます。
老眼が悪化して、近くの文字がハッキリ見えなくなってきたという読書好きの中高年の人にとりまして、スマホ上で電子書籍が閲覧できるようになったというのは、本当に画期的なことなのです。文字の大きさをカスタマイズできるからです。
BookLive「鏡が必要です」のサイトで違いますが、1巻丸々料金不要で試し読み可能というところも存在しているのです。1巻を読破して、「楽しいと思ったら、続きの巻を有料にて読んでください」という営業戦略です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ