BookLive「ブックライブ」の銀の鬼(11)無料試し読みコーナー


おまえが大きくなったら必ずむかえにいくぞ――夏乃ふぶきは幼い頃、銀色の鬼が人をさらって殺して食べる姿を見てしまう。鬼の影に怯えながら17歳に育ったふぶきは、担任である島影十年(しまかげとね)に淡い恋心を抱き、長年の苦しみを島影先生に相談してしまう。すると…!? 一面の薔薇、甘いお菓子の家…千年の孤独と過去を抱える鬼と、少女と猫の不思議な絆を描く、禁断の恋愛ファンタジー!その後のお話へと繋がります。
続きはコチラ



銀の鬼(11)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


銀の鬼(11)「公式」はコチラから



銀の鬼(11)


>>>銀の鬼(11)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)銀の鬼(11)の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は銀の鬼(11)を取り揃えています。銀の鬼(11)BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると銀の鬼(11)は216円で購入することができて、銀の鬼(11)を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで銀の鬼(11)を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)銀の鬼(11)を勧める理由


不要なものは捨て去るという考え方が様々な人に受け入れられるようになったと言える今現在、本も冊子形態で所持したくないために、BookLive「銀の鬼(11)」を使用して読む人が増加しています。
漫画を買う時には、BookLive「銀の鬼(11)」サービスで試し読みをしておく方が良いでしょう。大体の内容や登場する人物の風体を、購入前に確認することができます。
バスに乗っている時も漫画を楽しんでいたいと考えている人にとって、BookLive「銀の鬼(11)」ほど役立つものはありません。スマホというモバイルツールを持っているだけで、好きな時に漫画をエンジョイできます。
店舗では扱っていないようなずいぶん前のタイトルも、電子書籍なら見つけることができます。無料コミックのラインナップ中には、50歳前後の人が学生時代に何度も読んだ漫画が含まれていることもあります。
「自分の部屋に置けない」、「所持していることも悟られたくない」と思わざるを得ない漫画でも、BookLive「銀の鬼(11)」を上手く使えば周りの人に内密にしたまま楽しむことができます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ