BookLive「ブックライブ」の銀の鬼(7)無料試し読みコーナー


おまえが大きくなったら必ずむかえにいくぞ――夏乃ふぶきは幼い頃、銀色の鬼が人をさらって殺して食べる姿を見てしまう。鬼の影に怯えながら17歳に育ったふぶきは、担任である島影十年(しまかげとね)に淡い恋心を抱き、長年の苦しみを島影先生に相談してしまう。すると…!? 一面の薔薇、甘いお菓子の家…千年の孤独と過去を抱える鬼と、少女と猫の不思議な絆を描く、禁断の恋愛ファンタジー!その後のお話へと繋がります。
続きはコチラ



銀の鬼(7)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


銀の鬼(7)「公式」はコチラから



銀の鬼(7)


>>>銀の鬼(7)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)銀の鬼(7)の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は銀の鬼(7)を取り揃えています。銀の鬼(7)BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると銀の鬼(7)は216円で購入することができて、銀の鬼(7)を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで銀の鬼(7)を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)銀の鬼(7)を勧める理由


漫画の虫だという人からすると、コレクションしておくための単行本は貴重だということは承知しているつもりですが、気軽に楽しみたいという人であれば、スマホで楽しめるBookLive「銀の鬼(7)」の方が重宝します。
昨今注目を集めているアニメ動画は、若者だけがエンジョイできるものではありません。中高年が見ても感嘆の息が漏れるようなストーリーで、荘厳なメッセージ性を秘めたアニメも増加しています。
一般的な書店では、商品棚に並べる漫画を立ち読みされないように、ビニールをかけるのが普通です。BookLive「銀の鬼(7)」を活用すれば試し読みができますから、絵柄や話などを吟味してから買えます。
スマホやパソコンを使い電子書籍を購入しておけば、会社への通勤中や午後の休憩時間など、どんなタイミングでも読めます。立ち読みもできてしまうので、店舗まで出向く手間が省けます。
要らないものは捨てるという考え方が少しずつに受け入れられるようになった昨今、本も印刷物として持つことなく、BookLive「銀の鬼(7)」を通して読むようになった人が急増しています。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ