BookLive「ブックライブ」の昔々、ある夏の日に無料試し読みコーナー


2つの約束は、真夏の空の下で果たされる。17歳、盛夏。青春の真っ只中の時間に、ボビーと呼ばれる少年は2つの約束を果たすためオートバイに乗って西へ向かう。1つはオートバイを売却するため。もう1つはそこからの帰路、同級生の女の子に会うためだ。2つの約束のために、2つのよくできた略地図が役に立ち、約束は首尾よく果たされる。しかし、まぶしいほどの夏の光の中に1つの闇があったことをボビーは少女に話さない。2人の頭上には、ホースから無限にあふれてくる水と真っ青な夏の空が広がっているばかりだ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



昔々、ある夏の日に無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


昔々、ある夏の日に「公式」はコチラから



昔々、ある夏の日に


>>>昔々、ある夏の日にの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)昔々、ある夏の日にの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は昔々、ある夏の日にを取り揃えています。昔々、ある夏の日にBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると昔々、ある夏の日には270円で購入することができて、昔々、ある夏の日にを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで昔々、ある夏の日にを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)昔々、ある夏の日にを勧める理由


常に持ち歩くスマホに漫画を全部保存しちゃえば、しまう場所について気を配る必要が一切ありません。先ずは無料コミックから読んでみると良さが理解できるでしょう。
気軽に無料漫画が読めるということで、ユーザー数が増えるのは当たり前の結果だと言えます。店頭とは違い、他人の視線を気にすることなく立ち読みが可能だというのは、電子書籍だからこその長所です。
BookLive「昔々、ある夏の日に」のサイトそれぞれですが、丸々1巻全部を料金不要で試し読み可能というところもあるのです。1巻だけ読んで、「楽しいと思ったら、その先の巻をお金を払って購入してください」という仕組みです。
漫画本というものは、読み終えてからBookOffみたいな買取専門店に持参しても、わずかなお金にしかなりません、もう一度読みたくなったときに困ります。無料コミックだったら、収納スペースが必要ないので片付けに苦労しません。
BookLive「昔々、ある夏の日に」のユーザーを増やすための戦略として、試し読みが可能というシステムは素晴らしいアイデアだと言えます。いつ・どこでもマンガの内容を閲覧することができるので、少しの時間を有効活用して漫画を選択することができます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ