BookLive「ブックライブ」の心のままに無料試し読みコーナー


時は過ぎ去るに任せよ、いつでも自分自身であれ家族がある。親と子がいる。愛情で結びついてはいるが、縛ってはいない。だからいつしか自然に解けるよりも自ら解き放つほうがいい、と考えてもおかしくはない。親を、環境を選べない子供たちも、大人になっていく。一人ひとりがもっと自由に生きることを始める時、新たな出会いがあり、新たな家族の再編があり、かつて家族が他人に代わったように今度は他人が家族になることもある。サーフィンが、カヌーが、8ミリフィルムが、音楽が、それぞれ色彩豊かなラインを生み出しタペストリーが生み出されていく。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



心のままに無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


心のままに「公式」はコチラから



心のままに


>>>心のままにの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)心のままにの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は心のままにを取り揃えています。心のままにBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると心のままには270円で購入することができて、心のままにを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで心のままにを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)心のままにを勧める理由


移動時間などを埋めるときに適したサイトとして、評判になっているのが簡単にアクセスできるBookLive「心のままに」です。ショップまで行って漫画を買わなくても、スマホを1台用意すればいつでも読めるというのが特徴と言えるでしょう。
コミックサイトの一番のウリは、取扱い冊数が本屋とは比べものにならないくらい多いということだと言われます。売れずに返品する心配が不要なので、膨大なタイトルを置くことができるというわけです。
古いコミックなど、店頭では発注をかけてもらわないとゲットできない本も、BookLive「心のままに」形態でバラエティー豊富に取り扱われていますので、どこでもDLして楽しめます。
ユーザーの数が飛躍的に増加しつつあるのが話題のコミックサイトです。以前であれば「形が残る単行本で買うのが良い」という人が多かったのですが、手軽な電子書籍として買って読むという方が増えつつあります。
移動中の空き時間も漫画に没頭したいと希望する方にとって、BookLive「心のままに」ほど役立つものはないと言っていいでしょう。スマホというツールをカバンに入れておくだけで、すぐに漫画に夢中になれます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ