BookLive「ブックライブ」の私たち三人無料試し読みコーナー


「私たち三人」と「私たち」二人が言う比喩ではなく、文字通りの挟み撃ちである。なにしろホテルのバーカウンターだ。撃たれる立場の人間を真ん中に置き、全部で三人ならそういうことになる。しかし面白いのは、右側からも左側からも攻撃はない、ということだ。なのに真ん中は中座する。だから三人は二人になる。まだまだ続きがありそうだ。「私たち三人」と言い放つのは右と左の二人だ。さて、真ん中はどうするだろうか。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



私たち三人無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


私たち三人「公式」はコチラから



私たち三人


>>>私たち三人の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)私たち三人の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は私たち三人を取り揃えています。私たち三人BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると私たち三人は270円で購入することができて、私たち三人を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで私たち三人を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)私たち三人を勧める理由


小さい頃から本を購読していたという方も、電子書籍を利用し出した途端、普通の本には戻れないということがほとんどのようです。コミックサイトも多々ありますから、とにかく比較してからチョイスした方が賢明です。
近頃、電子書籍業界では価格破壊的な「読み放題」というプランが誕生し人気急上昇中です。1冊ごとにいくらではなくて、月極めいくらという課金方法を採っています。
日常的にたくさん本を読むとおっしゃる方にとりましては、毎月決まった料金を支払うことで何冊だって読み放題という形でエンジョイできるというユーザー目線のサービスは、まさに斬新だと評価できるのではないでしょうか?
スマホやノートブックの中に読みたい漫画を全部保存しちゃえば、本棚が空いているかどうかについて気に掛ける必要は無くなります。先ずは無料コミックから挑戦してみてください。
BookLive「私たち三人」のサイトにもよりますが、1巻を丸ごと0円で試し読みできるというところも存在しているのです。まず1巻を読んで、「楽しかったら、次巻以降を買い求めてください」という販売システムです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ