BookLive「ブックライブ」の寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年無料試し読みコーナー


昭和42(1967)年、夫の転勤先の四国・高松で長男を産んだ。線路際の宿舎の横を蒸気機関車が現役で走っていた。以来、長くて4年、短いときは1年で引っ越しを繰り返す――。夜中に帰ってきたとたん電話が鳴って職場に引き返すなど昼も夜もなく仕事に奔走する夫、赴任地で生まれ成長していく子どもたち、夫の上司夫妻との交流や国鉄アパートでの人間模様…。国鉄職員の仕事ぶりとそれを支えた家族の記憶が、国鉄が変革を迫られていく時代風景とともに語られていく。国鉄マンの妻が紡ぐ、“あの時代”の物語。石井妙子(いしい たえこ)昭和18(1943)年、東京生まれ。証券会社勤務時代に、国鉄職員である石井康祐(後のJR東日本発足時取締役)と結婚。3人の男児を産み育てながら、国鉄職員である夫を支える。60代半ばに差しかかり、国鉄職員とその家族がどのように働き、暮らしたのかについて「本を書いておこう」と思い立ち、本書を執筆。平成18(2006)年12月、『国鉄発・JR行き 自動制御な家族の旅』のタイトルで、岩波出版サービスセンターより自費出版。夫とともに千葉県在住。
続きはコチラ



寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年「公式」はコチラから



寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年


>>>寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年を取り揃えています。寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年は756円で購入することができて、寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年を勧める理由


漫画の最新刊は、本屋で軽く読んで購入するか購入しないかの意思決定をするようにしている人が多いです。でも、この頃はBookLive「寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年」のサイト経由で1巻だけ購読し、それを買うかどうか判断する方が増えているようです。
どんな時でも無料漫画が楽しめるという理由で、利用する人が増えるのは当たり前のことです。書店と違い、人の目を気にすることなく立ち読みすることが許されるのは、電子書籍の良い所だと言っても過言ではありません。
利益に直結しない無料漫画を敢えてサービスすることで、ユーザーを集めて収益につなげるのが販売会社サイドの目的ですが、当然利用者側にとっても試し読みが可能なので、失敗が少なくなります。
老眼のせいで、目の先30センチ前後のものが見えづらくなってきたという読書が好きな高齢者には、スマホ上で電子書籍が読めるというのは、物凄く意味のあることなのです。文字の大きさを自分に合わせられるからです。
スマホ上で読む電子書籍は、一般的な書籍とは異なり文字のサイズを視力に合わせることが可能ですので、老眼の為に読書を諦めていた高齢の方であってもサクサク読めるというメリットがあると言えます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ