BookLive「ブックライブ」の名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年無料試し読みコーナー


中部圏のゲートシティー名古屋市。玄関口の「名駅」は、JR、名鉄、近鉄、名古屋市営地下鉄の駅が集まる交通の要衝。そのランドマークともいえるのがJR名古屋駅の複合型超高層ビル「JRセントラルタワーズ」だ。同駅は平成28年5月1日に開業130周年を迎えた。前身の国鉄(鉄道局)名護屋駅の開業は明治19年(1886)の同日で、翌20年に名古屋と改称。昭和12年(1937)2月1日に現在地へ移転し、当時としては東洋一の駅ビルを構えた。本書は、名古屋駅の明治~平成の動向を中心に、同駅近隣で生まれ育ち、今も居住する生粋の名古屋人がまとめた、“波瀾万丈の名駅”語る回顧録でもある。徳田 耕一(とくだこういち)交通ライター。昭和27年(1952)、名古屋市生まれ。名城大学卒業。旅行業界での経験もあり、観光系の大学や専門学校で観光学などの教鞭をとり、鈴鹿国際大学と鈴鹿短期大学では客員教授を務めた。また、旅行業界が縁で菓子業界との関係もでき、観光土産の企画や販路拡大などにも活躍。鉄道旅行博士。はこだて観光大使。主な著書に『名古屋市電が走った街 今昔』『パノラマカー栄光の半世紀』(JTBパブリッシング)、『まるごと名古屋の電車』(河出書房新社)ほか、名古屋の鉄道に関することを中心に多数。新聞・雑誌などにも多く寄稿している。
続きはコチラ



名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年「公式」はコチラから



名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年


>>>名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年を取り揃えています。名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年は756円で購入することができて、名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年を勧める理由


スマホで見ることができるBookLive「名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年」は、外出する時の荷物を減らすのに寄与してくれます。リュックやカバンの中などに何冊も本をしまい込んで持ち運ぶなどしなくても、気軽にコミックを堪能することが可能なのです。
スマホやタブレットの中に購入する漫画を全て入れることにすれば、本棚に空きがあるかどうかについて気に掛ける必要が皆無になります。初めは無料コミックから目を通してみてください。
本を買うより先に、BookLive「名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年」上で少しだけ試し読みをするということが大事です。大体のあらすじや漫画に登場する人の雰囲気などを、購入前に確認することができます。
最新刊が出るたび本屋に立ち寄って買うのは不便です。とは言っても、数冊まとめて買うのは面白くもなんともなかった時の金銭的なダメージが甚大だと言えます。BookLive「名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年」なら個別に購入できて、その点安心です。
BookLive「名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年」を有効活用すれば、部屋の隅っこに本棚を設置する必要はゼロになります。加えて、新刊を買うために書店へ行く手間を省くこともできます。こうしたポイントから、サイト利用者数が増え続けているのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ