BookLive「ブックライブ」のサマータイム・ブルー無料試し読みコーナー


待つ女のままで、いてなるものか。男はロード・ライダー。夏のあいだ、あちこちの小さな町を気ままに走り抜けている。一緒に海へ行くはずだった、と言うのは女。男は毎日公衆電話から電話をかけ、必ず女は自宅にいる。秋風が吹いたら東京へ帰る、と男が言う言葉は、はたして本当か? 待つことしかできないのか?そうではないだろう。ラスト、家にいてもできる「待つこと」以外の生き方を、彼女はようやく見つける。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



サマータイム・ブルー無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


サマータイム・ブルー「公式」はコチラから



サマータイム・ブルー


>>>サマータイム・ブルーの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)サマータイム・ブルーの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はサマータイム・ブルーを取り揃えています。サマータイム・ブルーBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとサマータイム・ブルーは270円で購入することができて、サマータイム・ブルーを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでサマータイム・ブルーを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)サマータイム・ブルーを勧める理由


評判となっている無料コミックは、パソコンがあれば読むことが可能なのです。外出しているとき、会社の休み時間、病院などでの診察待ちの時間など、隙間時間に簡単に見ることができます。
いつも持ち歩くスマホに漫画を丸ごとダウンロードすれば、本棚の空きスペースについて気に掛けるなんて不要になります。先ずは無料コミックから読んでみると良いでしょう。
BookLive「サマータイム・ブルー」が中高年の人たちに根強い人気があるのは、若かりし日に繰り返し読んだ作品を、もう一度容易にエンジョイできるからに違いありません。
書籍の販売低下が指摘されるようになって久しいですが、電子書籍は今までとは異なるシステムを提案することによって、購読者数を増加させているのです。今までは絶対になかった読み放題という形式がそれを可能にしたのです。
コミック本というものは、読み終わった後に古本買取専門店などに売却しようとしても、金額は殆ど期待できませんし、読み返そうと思った時に大変です。無料コミックのアプリなら、置き場所はいらないから片付けに苦労しません。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ