BookLive「ブックライブ」のタイトル・バック無料試し読みコーナー


夫婦なのに外で会う、絵になる2人。女は大阪、男は東京。夫婦の別居といえば誰しもネガティブな関係を想像するが、情熱を傾けた仕事のために、納得して別々にいる2人はめずらしい。男性視点と女性視点の章が交互に現れ、2人は本当に夫婦? どこかでクロスするの?と思わせる構成も見事である。離れて暮らし、3週間もの時間を開けて外で落ち合う2人は、そのままタイトル・バックに収まる鮮度に満ちている。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



タイトル・バック無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


タイトル・バック「公式」はコチラから



タイトル・バック


>>>タイトル・バックの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)タイトル・バックの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はタイトル・バックを取り揃えています。タイトル・バックBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとタイトル・バックは270円で購入することができて、タイトル・バックを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでタイトル・バックを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)タイトル・バックを勧める理由


「アニメについては、テレビ番組になっているものだけ見る」というのは一昔前の話だと言わざるを得ません。なぜなのか言えば、無料アニメ動画などをWebで見るというパターンが多くなってきているからです。
数多くの人が無料アニメ動画を楽しんでいるようです。何もやることがない時間とか通勤時間などに、手間なしでスマホで視聴できるというのは嬉しいですね。
1~2年前までは目に見える本というものを購入していたとおっしゃる方も、電子書籍に乗り換えた途端、その便利さにびっくりさせられるということがほとんどだそうです。コミックサイトも数多く存在しているので、きっちりと比較してから選択してください。
Web上にある通販サイトでは、原則として表紙とタイトル、それにざっくりとした内容しか確認できません。それに比べBookLive「タイトル・バック」の場合は、最初の数ページを試し読みすることが可能となっています。
最近、電子書籍業界では全く新しい「読み放題」というサービスが登場し注目が高まっています。1冊ごとにいくらというのではなく、毎月いくらという料金徴収方法になっています。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ