BookLive「ブックライブ」の第二十回平成独楽吟無料試し読みコーナー


 福井に生きた幕末の歌人、橘曙覧が「たのしみは~とき」の形で詠んだ「独楽吟」。福井市では、貧しさの中にあっても心豊かに生きていた郷土の歌人、橘曙覧の世界に学び、生活の中で感じた身近な楽しみを詠んだ歌を「平成独楽吟」として募集しています。また、「万葉集や実朝以来の歌人」と正岡子規に絶賛された曙覧にちなみ、一般短歌もあわせて募集しています。 この作品集は、平成26年度(第20回)の入賞作品と、審査員長による評を掲載。入賞者の日常に訪れた「たのしみ」について触れることができる内容となっています。 曙覧の「独楽吟」に註・歌意・解説を付けた解説本『全訳註 独楽吟』や過去の平成独楽吟も配信中です。【※本作品はブラウザビューアで閲覧すると表組みのレイアウトが崩れて表示されることがあります。予めご了承下さい。】
続きはコチラ



第二十回平成独楽吟無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


第二十回平成独楽吟「公式」はコチラから



第二十回平成独楽吟


>>>第二十回平成独楽吟の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)第二十回平成独楽吟の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は第二十回平成独楽吟を取り揃えています。第二十回平成独楽吟BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると第二十回平成独楽吟は108円で購入することができて、第二十回平成独楽吟を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで第二十回平成独楽吟を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)第二十回平成独楽吟を勧める理由


常に持ち歩くスマホに漫画を全て収めれば、本棚の空きスペースを気に掛けることは不要になります。とりあえずは無料コミックから利用してみると良さが実感できます。
多くの本屋では、販売中の漫画を立ち読みさせないために、ビニールカバーをつけることが多いです。BookLive「第二十回平成独楽吟」でしたら冒頭を試し読みができるので、あらすじを理解してから買うか決めることができます。
無料電子書籍をDLすれば、仕事などでアポキャンを喰らっても、時間が余って仕方ないなんてことがほとんどなくなります。バイトの休み時間や通学時間などでも、大いにエンジョイできるでしょう。
利用している人の数が加速度的に増え続けているのがスマホのコミックサイトです。数年前までは「漫画は単行本で買うからいいの!」という人が大部分を占めていましたが、電子書籍という形式で買って堪能するという人が増えているのです。
月額の利用料金が固定のサイト、個人情報の登録がいらないサイト、1巻単位で購入が必要なサイト、0円の本が山のようにあるサイトなど、コミックサイトも何だかんだと違う点が見受けられますから、比較してみましょう。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ