BookLive「ブックライブ」の消えた街無料試し読みコーナー


満州国を舞台に、そこに生きた日本人家族の戦後を知る物語。戦争とはかくも人を翻弄していくものか………1932年(昭和7年)大日本帝国によってつくられた傀儡国家「満州国」の首都「新京」。白川妙子は国策映画会社、満州映画協会(満映)に勤務する夫、白川真之介とともに三人の子供を育て「未来に向かって開かれた」この街で6年10カ月を過ごす。。真之介の甥、野津修は「満州国」の最高学府建国大学(建大)に入学。「五族協和・王道楽土」という理念とは乖離した「満州国」の現実を目撃する。1945年(昭和20年)8月ソ連軍の侵攻とともに「新京」は消えた街となっていく。『こころ』(平凡社)第一回晩成文学賞の最終候補作。【著者】田中文夫1952年、香川県坂出市生まれ。1974年、早稲田大学政経学部卒業後、株式会社電通入社。関西支社で広告制作に携わりクリエーティブ・ディレクターを務める。2010年、電通を早期退職。田中文脈研究所を設立してコンテキスター(文脈家)となる。
続きはコチラ



消えた街無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


消えた街「公式」はコチラから



消えた街


>>>消えた街の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)消えた街の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は消えた街を取り揃えています。消えた街BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると消えた街は540円で購入することができて、消えた街を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで消えた街を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)消えた街を勧める理由


本のネット書店では、基本はカバーとタイトル、あらすじ程度しか分かりません。ところがBookLive「消えた街」なら、何ページ分かは試し読みで確認できます。
本屋には置いていないようなずいぶん前のタイトルも、電子書籍なら見つかります。無料コミックの中には、中高年層が若かりし頃にエンジョイした漫画が含まれていることもあります。
無料コミックは、スマホやタブレットで読めます。外出先、お昼ご飯の休憩時間、病院やクリニックなどでの順番待ちの時間など、自分の好きなタイミングで気軽に楽しむことが可能です。
長く続く漫画はまとめて買うことになるということから、事前に無料漫画でちょっとだけ読むという人が少なくありません。やはり表紙だけみて漫画の購入を決断するというのはハードルが高いのでしょう。
雑誌や漫画を含めた書籍を購入しようと思ったときには、数ページめくって中身をチェックした上で判断する人の方が多いです。無料コミックなら、立ち読みと同じように中身をチェックすることができるというわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ