BookLive「ブックライブ」のかく云へば無料試し読みコーナー


俳諧師であり宝井其角研究家である二上貴夫(フタカミキフウ)の第二句集。凡そ二百五十句を集録。 作者は、平成十八年に第一句集『?天(しゅうてん)』を刊行し、平成二十四年、俳誌『詩あきんど』を創刊したが、この『?天』以後『詩あきんど』以前の凡そ七年間をまとめた集である。 作者にとっての、この七年間のおおきな出来事は加藤郁乎氏らと共に「宝井其角三百回忌」を江戸東京博物館にて催し、其角の墓がある神奈川県伊勢原市「上行寺」にて修したことである。これを機縁に、毎年上行寺にて四月の第一土曜日に「晋翁忌俳諧興行」を催すことになり、平成二十七年現在、十回を数えた。【目次】秦野八景 九句吊 し 雛 七十八句水 引 い て 五十七句白襲 十六句体 温 も 三十一句か く 云 へ ば 四十七句一九六八~九年 十二句解題 二上貴夫氏の俳句「かく云へば」管見 福島壺春プロフィール奥付【著者】二上貴夫:一九四七年、佐賀県鹿島市生まれ。一九九一~一九九七年、『俳諧接心』岡本星女主宰より、十二句連句の手解きを受ける。一九九三~一九九六年、『草の花』(藤田あけ烏主宰)へ投句。一九九六~二〇〇五年、『紫薇』の同人になり、澁谷道主宰より、非懐紙連句の手解きを受ける。二〇〇一年『わいわい連句遊び―連句文芸賞への誘い』を刊行。二〇〇六年、其角三百回忌を加藤郁乎氏らと催す。二〇〇九~二〇一三年、『ぶるうまりん』(須藤徹主宰)へ投句。二〇一二年九月、俳誌『詩あきんど』を創刊。
続きはコチラ



かく云へば無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


かく云へば「公式」はコチラから



かく云へば


>>>かく云へばの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)かく云へばの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はかく云へばを取り揃えています。かく云へばBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとかく云へばは540円で購入することができて、かく云へばを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでかく云へばを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)かく云へばを勧める理由


基本的に本は返品は許されないので、中身を知ってから買い求めたい人には、試し読みサービスのある無料電子書籍は思っている以上に重宝すると思います。漫画も内容を見てから購入可能です。
漫画があって当然の生活を他人に知られたくないという人が、ここ最近増えていると言われます。部屋の中に漫画は置いておくことができないような方でも、BookLive「かく云へば」の中だけであれば他の人に内緒で漫画が読みたい放題です。
1冊ずつ本屋まで足を運ぶのは不便です。とは言え、全巻まとめて買うのは期待外れだった時の金銭的・心理的ダメージが大きすぎます。BookLive「かく云へば」は1冊ずつ購入できるので、手軽だし失敗も少なく済みます。
「手持ちの漫画が増え過ぎて困っているから、買うのを躊躇してしまう」といった事態にならないのが、BookLive「かく云へば」の利点です。山のように買っても、置き場所を考慮しなくてOKです。
漫画を買い集めていくと、後々収納場所に困るという問題に直面します。しかしながら形のないBookLive「かく云へば」であれば、整理整頓に困ることがないので、いつでも気軽に楽しめます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ