BookLive「ブックライブ」の約束無料試し読みコーナー


誰と約束を交わしたか、ではなく交わした、という事実と行為だけが問題である。読みすすめるにしたがって、「これもしかして・・・・・・」と、嫌な予感が兆すかもしれない。その予感は・・・・・・ 当たります。そこにそのような道具があり、「約束」という言葉が発された以上、行為は遂行される。たとえその言葉が、当事者同士で正しく共有されていなくても。そして舞台は、周囲に誰もいない、誰も音を聞いていない荒野。失敗のしようもなく、完璧である。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。81年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



約束無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


約束「公式」はコチラから



約束


>>>約束の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)約束の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は約束を取り揃えています。約束BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると約束は270円で購入することができて、約束を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで約束を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)約束を勧める理由


サービス内容については、各社それぞれです。ですから、電子書籍を何処で買うかということについては、比較するのが当然だと思っています。適当に決定するのはおすすめできません。
アニメという別世界に熱中するというのは、毎日のうっぷんを晴らすのにとんでもなく有効です。深淵なメッセージ性を持ったテーマよりも、明るく朗らかな無料アニメ動画の方が間違いなく実効性があります。
少し前のコミックなど、ショップでは取り寄せてもらわなければ買うことができない作品も、BookLive「約束」という形態で諸々並べられているので、どこでも買って楽しめます。
無料電子書籍をうまく活用すれば、急に予定がなくなっても、手持無沙汰で困るなんてことがゼロになるはずです。お昼休みや通勤途中などにおきましても、それなりにエンジョイできます。
BookLive「約束」を読むのであれば、スマホが最適です。パソコンは重たすぎるので持ち歩けないし、タブレットも混み合った電車の中などで閲覧したというような場合には、大きすぎて迷惑になると想定されます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ