BookLive「ブックライブ」の昨日は雨を聴いた無料試し読みコーナー


堂々めぐりの言葉の果てになぜふと、唐突な言葉が出てしまうのか。浮気。この、凡庸にして普遍的な、みじめな、疲労感のつのる、男女間の出来事。言葉は常に行為よりも遅れているから、言い訳も、釈明も、解決の提示も、嘆願も、互いの言い分も、堂々めぐりを繰り返す運命にある。そのような倦んだ言葉のつらなりの中で、男はふと、あらぬ言葉を口にしてしまう。何一つ決定的な事柄にはつながらない平凡な、しかし不思議な言葉を、ふとつぶやいてしまう。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。79年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



昨日は雨を聴いた無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


昨日は雨を聴いた「公式」はコチラから



昨日は雨を聴いた


>>>昨日は雨を聴いたの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)昨日は雨を聴いたの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は昨日は雨を聴いたを取り揃えています。昨日は雨を聴いたBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると昨日は雨を聴いたは270円で購入することができて、昨日は雨を聴いたを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで昨日は雨を聴いたを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)昨日は雨を聴いたを勧める理由


利用者数が勢いよく伸びているのが今話題のコミックサイトです。2~3年前までは「漫画は本という形で買うもの」という人が大部分でしたが、電子書籍という形で買って読むという方が多数派になりつつあります。
流行のアニメ動画は若者だけを想定したものではないと言えます。中高年が見ても楽しめる構成内容で、深いメッセージ性を秘めた作品も少なくありません。
BookLive「昨日は雨を聴いた」を使用すれば、部屋の中に本棚のスペースを確保することが必要なくなります。それに、最新刊を購入するためにお店に通う手間も省けます。こうしたメリットから、利用を始める人が増え続けているのです。
電子書籍でしか漫画は買わないという人が増えつつあります。バッグなどと一緒に携帯するなんてこともなくなりますし、本をしまう場所も必要ないという点が評価されているからです。それに無料コミックもいくつかあるから、試し読みだってできるのです。
スマホで読むことのできる電子書籍は、一般的な書籍と違いフォントサイズを自分好みに変えることができますので、老眼のせいで読書を敬遠してきた60代、70代の方でも楽々読めるという長所があるというわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ