BookLive「ブックライブ」のブルー・ムーン無料試し読みコーナー


別れ話は3度。そして空には、ブルー・ムーン。女と男がいる。女が「終わりにしたい」という。男は「なぜ?」と聞く。人類が、これまで無限に繰り返してきた行為だ。いったい、平行線ではない別れ話というものが、あるだろうか?終わりにすることと嫌いになることは違う、という言葉がそこにあり、しかしその言葉は2人のあいだで共有されない。されないまま、しかし2人は3度、話すために会う。一度目と二度目は雨。しかし三度目は晴れた。すべてを終えて、窓から見えるのは、きれいなブルー・ムーン。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。86年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



ブルー・ムーン無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ブルー・ムーン「公式」はコチラから



ブルー・ムーン


>>>ブルー・ムーンの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ブルー・ムーンの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はブルー・ムーンを取り揃えています。ブルー・ムーンBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとブルー・ムーンは270円で購入することができて、ブルー・ムーンを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでブルー・ムーンを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ブルー・ムーンを勧める理由


「家の中に置きたくない」、「読んでいることでさえ内緒にしたい」ような漫画であったとしても、BookLive「ブルー・ムーン」を有効利用すれば家族に知られずに読むことができるのです。
移動中も漫画に没頭したいと願う人にとって、BookLive「ブルー・ムーン」ほど便利なものはないのではと思います。たった1台のスマホを所持するだけで、いつでも漫画の世界に入れます。
漫画や小説などを買い揃えていくと、やがて収納場所に困るということが起こるでしょう。だけどデータであるBookLive「ブルー・ムーン」なら、保管に苦労する必要性がないため、収納場所を心配することなく読めます。
「アニメにつきましては、テレビで放送されているもの以外は一切見ていない」というのは過去の話だと言えそうです。なぜかと言いますと、無料アニメ動画をネット経由で見るというスタイルが多くなってきているからです。
コミックサイトも多種多様にあるので、比較検討して自分に合うものをセレクトすることが必須です。そんなわけですから、最優先にそれぞれのサイトの強みを押さえることが必要です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ