BookLive「ブックライブ」の波が呼ぶんだよ無料試し読みコーナー


波が呼んだら、どこまでも行く。幸雄と貴志。波乗りを何よりも愛する2人はそのあいだに麻衣子、という気になる存在をはさみながらも常に海を、波を第一に考えることにおいて共通している。ある時2人は、小さな町の映画館で、ポルノ仕立ての安い映画を観た。そこに彼らが観たものは、他の観客がまるで目にとめないもの、画面を横に抜けていく完璧なチューブ波だ。素朴すぎる情熱と手段で、彼らはその波が生起する場所を、ついに見つける。あとはもう、いつまでもそこに留まるだけだ。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。84年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



波が呼ぶんだよ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


波が呼ぶんだよ「公式」はコチラから



波が呼ぶんだよ


>>>波が呼ぶんだよの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)波が呼ぶんだよの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は波が呼ぶんだよを取り揃えています。波が呼ぶんだよBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると波が呼ぶんだよは270円で購入することができて、波が呼ぶんだよを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで波が呼ぶんだよを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)波が呼ぶんだよを勧める理由


近頃、電子書籍業界では価格破壊的な「読み放題」というサービスが提供され評判となっています。1冊ごとにいくらではなくて、毎月いくらという料金収受方式を採用しています。
常日頃より山のように本を読むという人からしますと、月額固定料金を支払えば何十冊でも読み放題でエンジョイすることができるという料金システムは、まさしく革命的と言えるのではないでしょうか?
気軽に無料漫画が読めるということで、利用者数が増えるのは何ら不思議な事ではありません。書店とは違って、他人を気にすることなく立ち読みすることが可能だというのは、電子書籍ならではの特長だと言えるのではないでしょうか?
不要なものは捨て去るという考え方が世の中の人に浸透してきた昨今、本も書物として持つことなく、BookLive「波が呼ぶんだよ」経由で楽しんでいる人が拡大しています。
テレビ放送されているものをオンタイムで視聴するのは厳しいものがありますが、無料アニメ動画という形で配信されているものなら、ご自分のスケジュールに合わせて視聴することができるのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ