BookLive「ブックライブ」のいまから一〇〇年あと無料試し読みコーナー


離婚暦、4年の歳月、初夏の東京。2人のシャイネスは、言葉で防波堤を築く。女が営む店の名前はウェンディ。ビーチボーイズのナンバーから取られている。いちばん大切な存在だったのに、去ってしまったウェンディという女の子を歌った曲だ。時々店に顔を出す男は、ここへ来て4年になる。離婚暦アリ。彼女の誕生日に、男は、金がなくて贈り物ができない若い男性が登場する映画の話をしたりする。店を閉め、外を歩き、2人は今までにない段階に入る。それを「幸せ」と呼ぶことをためらいながら、体と言葉を重ねていく。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。83年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



いまから一〇〇年あと無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


いまから一〇〇年あと「公式」はコチラから



いまから一〇〇年あと


>>>いまから一〇〇年あとの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)いまから一〇〇年あとの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はいまから一〇〇年あとを取り揃えています。いまから一〇〇年あとBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするといまから一〇〇年あとは270円で購入することができて、いまから一〇〇年あとを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでいまから一〇〇年あとを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)いまから一〇〇年あとを勧める理由


本屋では扱っていないような古いタイトルも、電子書籍では揃っています。無料コミックのラインナップ中には、団塊の世代が10代だったころに満喫した漫画もいっぱい見受けられます。
読んだ方がよいか迷い続けている作品がある場合には、BookLive「いまから一〇〇年あと」のサイトでお金が不要の試し読みを有効活用するのが賢い方法です。触りだけ読んで今一つと思ったら、買わなければ良いのです。
漫画コレクターだという人にとって、読了した証として収蔵している単行本は貴重だということは理解しておりますが、手軽に楽しみたいという人であれば、スマホで楽しむことができるBookLive「いまから一〇〇年あと」の方が断然便利だと言えます。
「連載になっている漫画を買い求めたい」という人には無用の長物かもしれません。しかしながら単行本という形になってから見ると言う人にとっては、購入前に無料漫画にて概略をリサーチできるのは、何より嬉しいことなのです。
漫画や書籍を買い求めると、そのうち収納できなくなるという問題が起きてしまいます。だけどもDL形式のBookLive「いまから一〇〇年あと」であれば、収納スペースに悩む必要がなくなるため、手軽に読めます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ