BookLive「ブックライブ」の1963年、土曜日、午後無料試し読みコーナー


1980年、夜、霧の中の別れ。さて今日は、何曜日だろう?片岡義男の短編小説では、男女の出会いは路上で起きる。それが再会、としての出会いであればしかも完璧に偶然のそれであれば、物語はめまぐるしく時をかけめぐる。とりわけ、過去の方へ。路上での、偶然の、実に17年ぶりの邂逅。2人には、これもまた偶然に、通りかかった友人によってあの日のスナップが残されていた。それを所持しているのは女のほうだ。しかし時はとまらない。男はオートバイ、女はマーキュリーで1人を生きる。やがて、あたりを取り囲んだ濃い霧の向こうに去っていく。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



1963年、土曜日、午後無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


1963年、土曜日、午後「公式」はコチラから



1963年、土曜日、午後


>>>1963年、土曜日、午後の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)1963年、土曜日、午後の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は1963年、土曜日、午後を取り揃えています。1963年、土曜日、午後BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると1963年、土曜日、午後は270円で購入することができて、1963年、土曜日、午後を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで1963年、土曜日、午後を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)1963年、土曜日、午後を勧める理由


スマホを使っている人なら、読みたいときに漫画を楽しむことが可能なのが、コミックサイトの便利なところです。1冊毎に購入するスタイルのサイトや月極め料金のサイトがあります。
月額利用料が一定のサイト、登録しなくても利用できるサイト、1巻・2巻と単品で購入するタイプのサイト、タダのコミックが山のようにあるサイトなど、コミックサイトも諸々違う部分が見られますから、比較した方が良いでしょう。
「手持ちの漫画が増え過ぎて置き場所が確保できないから、買いたくても買えない」とならずに済むのが、BookLive「1963年、土曜日、午後」を一押しする要因です。気が済むまで大人買いしても、保管のことを考慮しなくてOKです。
次々に新たなタイトルが追加されるので、何十冊読んでも読むものが無くなる心配など全く不要というのがコミックサイトの利点です。書店には置いていないような若いころに楽しんだタイトルもそろっています。
漫画を買う時は必ず電子書籍を利用するという方が増加しつつあるようです。持ち歩きするなんて不要ですし、本をしまう場所も必要ないという特長があるからです。その上、無料コミックもいくつかあるから、試し読みも楽勝でできます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ