BookLive「ブックライブ」の高原のティー・タイム無料試し読みコーナー


高原の静かなティー・タイムは、にぎやかな劇を挟んで、再び画面にあらわれる。小説においては、このような物語も可能なのか?そうだ、むろん、十分に可能だ、とでもいうような一編。最初と最後に、1つの視点がある。その視点はフィクスで、テレビ画面を観ている。紅茶のCMが表れる。秋の高原のティー・タイムだ。CMが終わったら、番組が始まるだろう。こちらはうってかわってにぎやかだ。うるさいほど。番組の背後にあるアクションの積み重ねも、せわしない。やがて、人によっては「惨劇」と呼びたくなる場面を映したあとテレビは再び、高原のティー・タイムに戻る。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



高原のティー・タイム無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


高原のティー・タイム「公式」はコチラから



高原のティー・タイム


>>>高原のティー・タイムの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)高原のティー・タイムの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は高原のティー・タイムを取り揃えています。高原のティー・タイムBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると高原のティー・タイムは270円で購入することができて、高原のティー・タイムを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで高原のティー・タイムを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)高原のティー・タイムを勧める理由


スマホ上で読む電子書籍は、ご存知かと思いますが文字の大きさを好きに変えることができるため、老眼で本を敬遠している60代、70代の方でも、簡単に読むことができるという利点があるというわけです。
買った本は返すことが出来ないので、内容を確かめたあとで買いたい人には、試し読みが可能な無料電子書籍は予想以上に重宝するはずです。漫画も中身を読んでから買えるのです。
隙間時間を埋めるのに一番合っているサイトとして、支持されているのが、手軽に利用できるBookLive「高原のティー・タイム」です。ショップに足を運んで漫画を物色しなくても、スマホのみで読みたい放題という所が特徴と言えるでしょう。
老眼で近いものが見えなくなってきたという活字中毒ぎみの中高年にとって、スマホ上で電子書籍が閲覧できるようになったというのは、大いに意味のあることなのです。フォントサイズを調整できるからです。
「サービスの比較はせずに決めた」と言う人は、無料電子書籍はどれもほとんど似ているという感覚でいるのかもしれませんが、細かなサービスは登録する会社によって違いますので、比較することは非常に大事だと断言します。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ