BookLive「ブックライブ」のハッピー・エンディング無料試し読みコーナー


女と男とカーチェイスと拳銃があればすなわち、映画だ。映画を小説で実行した、という構えを持つ短編。図体の大きい、目立ちすぎる車をまず登場させ、そこで女と男のささやかな再会劇がある。男の素直な、あるいは幼稚な、と言ってもいい願望が語られ、女の現在の願望、状況が語られ、あっさりとピストルが導入され、あとは適切にシーンごとにアクションとショットを重ねれば物語は最後の場面に突入する。主役2人にとっては、極上のハッピー・エンディングだ。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。76年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



ハッピー・エンディング無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ハッピー・エンディング「公式」はコチラから



ハッピー・エンディング


>>>ハッピー・エンディングの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ハッピー・エンディングの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はハッピー・エンディングを取り揃えています。ハッピー・エンディングBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとハッピー・エンディングは270円で購入することができて、ハッピー・エンディングを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでハッピー・エンディングを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ハッピー・エンディングを勧める理由


移動中の時間を利用して漫画を楽しみたいと望む人にとって、BookLive「ハッピー・エンディング」ほど有益なものはないでしょう。スマホ1つを持ち歩くだけで、余裕で漫画が楽しめます。
毎回本屋まで足を運ぶのは面倒臭いです。とは言いましても、まとめて購入するのは期待外れだった時の精神的なダメージが大きすぎます。BookLive「ハッピー・エンディング」なら1冊ずつ購入できて、その点安心です。
本屋では、置く場所の問題で並べることができる書籍数に制限が発生しますが、BookLive「ハッピー・エンディング」のような仮想書店ではこういった制限が必要ないので、一般層向けではない作品も扱えるのです。
「電車の中でも漫画を楽しみたい」とおっしゃる方にお誂え向きなのがBookLive「ハッピー・エンディング」だろうと思われます。読みたい漫画を鞄に入れて運ぶこともなくなりますし、鞄の荷物も軽量化できます。
アニメファンの方からすれば、無料アニメ動画というのは画期的と言えるサービスなのです。スマホを携帯しているというなら、都合に合わせて見ることが可能だというわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ