BookLive「ブックライブ」のロードライダー無料試し読みコーナー


友よ、大陸の真ん中で逢おう。この短編は、『月見草のテーマ』と同じテーマを宿している。1台のオートバイが東から西へ、もう1台が西から東へ。やがてその2台が合流する、という物語だ。そしてこちらはその大陸版。だからスケールの種類が違う。ハイウェイの、青空の、流れる空気の、豪雨の、胃に流し込むオレンジジュースの、月明かりの、夜の深さのその質が日本とは異なる。多くを語る必要はない。イカれたロードライダーであること、ただそれだけで信じ合える男と男のストーリー。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



ロードライダー無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ロードライダー「公式」はコチラから



ロードライダー


>>>ロードライダーの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ロードライダーの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はロードライダーを取り揃えています。ロードライダーBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとロードライダーは270円で購入することができて、ロードライダーを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでロードライダーを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ロードライダーを勧める理由


毎日のように新タイトルが追加されるので、何十冊読んでも全て読み終わってしまう心配をする必要がないというのがコミックサイトの長所です。書店には置いていないようなマイナーな作品も閲覧できます。
「詳細に比較せずに決めた」とおっしゃる方からしたら、無料電子書籍はどこも内容が同じという考えかもしれないのですが、サービスの詳細な中身については各社違いますので、比較・検討してみることは意外と重要です。
コミックサイトも非常にたくさんあるので、比較検討して自分の考えに合うものを選ぶことが重要だと言えます。それを適える為にも、何はともあれ各サイトの利点を把握することが大切です。
本屋では、スペースの問題から本棚における書籍数に限度がありますが、BookLive「ロードライダー」においてはこの手の制限をする必要がなく、アングラな書籍も数多く用意されているのです。
「アニメに関しては、テレビで視聴可能なもの以外見ていない」というのは少し古い話だと考えます。そのわけは、無料アニメ動画をネットで楽しむというパターンが浸透しつつあるからです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ