BookLive「ブックライブ」のアロハ・オエ無料試し読みコーナー


現れては消えるのが歴史。その歴史を映像で見る時代にわれわれは生きている。片岡義男の処女作「白い波の荒野へ」を起点として連作のようにして書き継がれたうちの一篇。「いま」を象徴するハリウッド資本による最新のクリエイティヴとハワイの歴史上、何度も繰り返された凶暴な大きな波が交錯する時そこにエネルギーの炸裂と、人々の興奮と、そして自ら志願して「向こう側」に消えていく人々が出現する。もう、消えてどこにもない波を、サーファーを、人々はスクリーンに見る。ラスト、最も人口に膾炙した曲「アロハ・オエ」が聴こえてくる。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



アロハ・オエ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


アロハ・オエ「公式」はコチラから



アロハ・オエ


>>>アロハ・オエの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)アロハ・オエの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はアロハ・オエを取り揃えています。アロハ・オエBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとアロハ・オエは270円で購入することができて、アロハ・オエを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでアロハ・オエを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)アロハ・オエを勧める理由


余計なものは持たないという考え方が世の中の人に浸透してきた現在、本も実物として保管せず、BookLive「アロハ・オエ」を活用して読むようになった人が増えているようです。
電子書籍を買うというのは、ネットを介して情報を取得することなのです。サービスを提供している会社が倒産してしまいますと利用できなくなりますから、絶対に比較してから信頼に足るサイトを選びたいですね。
移動中の時間を利用して漫画を楽しんでいたいといった人にとって、BookLive「アロハ・オエ」ほど便利なものはないのではと思います。1台のスマホを所持していれば、余裕で漫画を満喫できます。
多岐にわたる書籍をいっぱい読むという読書大好き人間にとって、大量に買うのは金銭的負担が大きいはずです。ですが読み放題を活用すれば、書籍に掛かる費用を削減することができます。
絶対に電子書籍で購入するという人が急増しています。持ち運ぶことも不必要ですし、本を片付ける場所も気にしなくて良いというのが主な要因です。加えて言うと、無料コミックに指定されているものは、試し読みも余裕です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ