BookLive「ブックライブ」の烏なぜ啼く無料試し読みコーナー


沼の上空に黒が現れ、地上に白が現れ、やがて赤の出来事が起きる。静かな、美しい沼がある。沼を愛する15歳の少女が登場する。どこからともなく、マックスと呼ばれるカラスがやってくる。マックスと彼女は深い信頼関係で結ばれている。やがて人間の少年も姿を現す。少女と少年は然るべき関係になっていく。しかし、三者が共存することはない。あるラインを超えた地点で、それは起きる。8月6日というその日付、この国の歴史に黒い刻印を残すその日付が選ばれていることは、果たして偶然か。読者は考えてみること。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



烏なぜ啼く無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


烏なぜ啼く「公式」はコチラから



烏なぜ啼く


>>>烏なぜ啼くの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)烏なぜ啼くの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は烏なぜ啼くを取り揃えています。烏なぜ啼くBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると烏なぜ啼くは270円で購入することができて、烏なぜ啼くを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで烏なぜ啼くを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)烏なぜ啼くを勧める理由


1巻ずつ書店に行くのは面倒臭いです。そうは言っても、一気買いは面白くなかったときの金銭的なダメージが甚だしいです。BookLive「烏なぜ啼く」なら一冊ずつ買うことができるので、失敗がありません。
BookLive「烏なぜ啼く」を使えば、家のどこかに本棚のスペースを確保する必要は皆無です。また、新刊を手にするために本屋へ出向く手間を省くこともできます。このような面があるので、使用者数が増加しつつあるのです。
漫画の最新刊は、お店で内容を確認して買うかどうかの結論を下す人が大半だと聞きます。しかし、今日ではBookLive「烏なぜ啼く」を利用して1巻だけ読んで、その本について買う・買わないを決めるという人が増えています。
この何年かでスマホを使って堪能することができる趣味も、より一層多様化が進展しています。無料アニメ動画は当然の事、無料電子書籍や無料で遊べるスマホゲームなど、多種多様な選択肢の中からセレクトできます。
固定の月額費用を払ってしまえば、様々な種類の書籍を何十冊でも閲覧することができるという読み放題サービスが電子書籍で人気となっています。一冊一冊買わなくても済むのが一番の利点です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ