BookLive「ブックライブ」の給料日無料試し読みコーナー


やることは、ただひたすら金を使うことだけ。どこにも寄りかからない真性の無頼な時間がここにある。給料日のサラリーマン。懐には20万弱の金がある。会社帰り、男は地下鉄丸ノ内線で新宿に出る。ゲーム・センターで金を使い、パチンコで使い、飲み屋を何軒もハシゴし、誘われるままに風俗店に行き、一晩で彼はすべての給料を使ってしまう。憂さを晴らしているわけでもないようだ。自暴自棄でもない。金があり余っているわけでもない。病的でもないらしい。男は金を払う。なぜなら金を持っているから。新宿とはそういう街だから。感情にも意味にも事件にも寄せず、新宿を描ききった稀有のハードボイルド小説。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



給料日無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


給料日「公式」はコチラから



給料日


>>>給料日の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)給料日の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は給料日を取り揃えています。給料日BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると給料日は270円で購入することができて、給料日を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで給料日を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)給料日を勧める理由


月額の利用料が固定のサイト、個人情報の登録がいらないサイト、1巻・2巻と単品で購入が必要なサイト、タダで読めるタイトルが数多くあるサイトなど、コミックサイトも様々異なる点があるので、比較しなければいけません。
非常に多くの人が無料アニメ動画を視聴しています。何もやることがない時間とか各種交通機関での移動中の時間などに、気軽にスマホで堪能することができるというのは、本当に重宝するはずです。
「通学時間に電車で漫画を読むなんて考えられない」という様な方でも、スマホにそのまま漫画を保管しておけば、人のことを考える必要がありません。このことがBookLive「給料日」人気が持続している理由の1つです。
漫画雑誌を買い集めていくと、後々収納スペースがいっぱいになるという問題に直面します。しかしネット上で読めるBookLive「給料日」なら、しまい場所に悩むことがなくなるため、収納などを考えることなく楽しめる事請け合いです。
漫画本というのは、読了後に本買取専門店などに売りさばこうとしても、買い取り金額は知れたものですし、読み返そうと思った時に困ることになります。スマホがあれば読める無料コミックなら、場所は不要なので片付けに悩むことがなくなります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ