BookLive「ブックライブ」のハロー・グッドバイ無料試し読みコーナー


姉と妹。悲劇と喜劇。そして青春のハロー&グッドバイ。20歳の姉と16歳の妹。妹は、生まれ育った札幌から金沢に引っ越すにあたり思い出として、少女を終える=処女を捨てることに固執する。脱処女には賛成ながら、その大事な機会を監視したいと願う姉は妹がつまらぬ男にひっかからないように、自分の自慢の恋人を差し向けたのだが・・・・・・ティーン向けレーベルのために書かれながらビターな後味を残す、大人の少女小説。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



ハロー・グッドバイ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ハロー・グッドバイ「公式」はコチラから



ハロー・グッドバイ


>>>ハロー・グッドバイの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ハロー・グッドバイの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はハロー・グッドバイを取り揃えています。ハロー・グッドバイBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとハロー・グッドバイは270円で購入することができて、ハロー・グッドバイを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでハロー・グッドバイを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ハロー・グッドバイを勧める理由


無料漫画というのは、店舗での立ち読みと同様だと考えることができます。中身をそこそこ把握した上で手に入れられるので、ユーザーも安心感が違うはずです。
コミックサイトも様々あるので、比較して自分の考えに合うものをピックアップすることが肝要だと思います。ということで、先ずは各サイトの特性を理解することから始めましょう。
常に新作が追加されるので、どれだけ読もうとも全部読み終えてしまう心配など全く不要というのがコミックサイトのメリットです。書店には置いていないような一昔前の作品も手に入れることができます。
漫画を購入するつもりなら、BookLive「ハロー・グッドバイ」で少しだけ試し読みをするということが大事です。ざっくりとしたあらすじや主要キャラクターの外見などを、買う前に見ることができます。
各種サービスを押しのけながら、近年無料電子書籍システムというものが一般化していきている理由としましては、町の書店が減少傾向にあるということが言われています。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ