BookLive「ブックライブ」のロディオ・バム無料試し読みコーナー


スポーツだけではないロディオの名残りをとどめた男が町にポツンと。ロディオ・バム(Rodeo Bum)のBumとは、浮浪者や怠け者、ルンペン、無能の者、といった意味。ブロンク・ライダーと呼ばれる一人の男の中にはロディオがもたらす熱狂、すなわちどこか人間をダメにしてしまう要素とロディオがスポーツになっていく過程でそぎ落ちた、ロディオのルーツに係わる何ものかが残っているようだ。だから、大会のためやってきた数百人のライダーたちが町を後にしても彼はまだ酒場で飲んでいる、一人のlooser(負け犬)として。ようやくその彼も町を去る時、取り残される白のサンダーバードがあまりに美しい。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



ロディオ・バム無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ロディオ・バム「公式」はコチラから



ロディオ・バム


>>>ロディオ・バムの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ロディオ・バムの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はロディオ・バムを取り揃えています。ロディオ・バムBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとロディオ・バムは270円で購入することができて、ロディオ・バムを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでロディオ・バムを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ロディオ・バムを勧める理由


売切れになった漫画など、店頭では取り寄せてもらわなければ買うことができない作品も、BookLive「ロディオ・バム」の形で多く陳列されているので、どこでも手に入れて閲覧可能です。
登録者数が物凄い勢いで増加しているのがネットで読めるコミックサイトです。以前までは漫画を単行本で買うという人が大部分でしたが、電子書籍形式で買って見るという人が増加しつつあるのです。
不用なものは処分するというスタンスが世間に理解してもらえるようになったと言える今現在、本も印刷物として携帯せず、BookLive「ロディオ・バム」を経由して閲読する方が拡大しています。
コミックサイトの一番のセールスポイントは、揃っている冊数が半端なく多いということだと言えます。売れずに返品扱いになる心配がないということで、数多くの商品をラインナップできるわけです。
近頃、電子書籍業界では先駆け的な「読み放題」というサービスが誕生し評判となっています。1冊単位でいくらというのではなく、月極めいくらという徴収方法になっているわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ