BookLive「ブックライブ」のパッシング・スルー無料試し読みコーナー


見ることは通り過ぎること。すべて自分のものでない風景の中を。端的なタイトルがこの短編のすべてを表している。通り過ぎること、それがすべて。町を通り過ぎながら、見る。徒歩や自転車やオートバイのように体を外気にさらさない四角い個室のまま自動車で移動することで見ることは純化される。通り過ぎることでカメラ・アイになる。そこに対向車が、ガス・ステーションが、林が、湖が、広告の看板が、遊園地が、ビーチパラソルが、教会が映る。主人公は、カメラではなく、人間であることを忘れないように(?)時折、リンゴをかじる。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



パッシング・スルー無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


パッシング・スルー「公式」はコチラから



パッシング・スルー


>>>パッシング・スルーの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)パッシング・スルーの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はパッシング・スルーを取り揃えています。パッシング・スルーBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとパッシング・スルーは270円で購入することができて、パッシング・スルーを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでパッシング・スルーを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)パッシング・スルーを勧める理由


漫画を購入する予定なら、BookLive「パッシング・スルー」を便利に使って試し読みをする方が良いでしょう。大体のあらすじや登場する人物の全体的な雰囲気を、買う前に見ることができます。
十把一絡げに無料コミックと言っても、取り揃えられているジャンルは様々あります。少女漫画から青年漫画までありますので、あなたが希望するような漫画が必ずあると思います。
電子書籍への期待度は、時が経つほどに高くなってきています。そういう状況の中で、特にユーザーが増加しつつあるのが読み放題というプランだと教えてもらいました。支払い金額を心配する必要がないのが人気を支えています。
買うべきかどうか悩む単行本があるときには、BookLive「パッシング・スルー」のサイトで料金不要の試し読みを利用してみると後で後悔することもなくなるでしょう。少し読んでみて面白いと感じなければ、決済しなければ良いわけです。
「生活する場所に所持しておきたくない」、「愛読していることを隠しておきたい」ような漫画であったとしても、BookLive「パッシング・スルー」を賢く利用することで近くにいる人に非公開のまま満喫できます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ