BookLive「ブックライブ」の縛り首の木無料試し読みコーナー


死の尻(けつ)をなめた男の昔語り。狂った青空の下、ひたすら長く延びるカントリー・ロードを行く。茫漠と広がる大地ばかりが取り囲み、やがて足を踏み入れたゴーストタウンに、小説の後半、大木と1組の夫婦が現れる。1本の木を介して、死がすぐそこにあった時代。死は、子供たちの手の先、いや、首の周りにあった。縛り首の木のすぐ傍のブランコみたいに。アメリカの昔と今を貫通する死の光芒。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



縛り首の木無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


縛り首の木「公式」はコチラから



縛り首の木


>>>縛り首の木の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)縛り首の木の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は縛り首の木を取り揃えています。縛り首の木BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると縛り首の木は270円で購入することができて、縛り首の木を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで縛り首の木を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)縛り首の木を勧める理由


月極の利用料を支払ってしまえば、様々な種類の書籍を何十冊でも読むことができるという読み放題サービスが電子書籍で一般化してきています。1巻ずつ購入しなくて良いのがメリットと言えます。
コミックサイトも多々ありますから、比較検討して自分に合うものを見つけ出すことが大切です。その為にも、とにかくそれぞれのサイトの特徴を理解することから始めましょう。
電子書籍ビジネスには色々な企業が参入しているので、ちゃんと比較してから「どの電子書籍を使うのか?」を決定するようしましょう。取扱い書籍の数量やコンテンツ、価格などをリサーチすると良いと思います。
ショップでは、本棚のスペースの問題で置くことができる本の数に限界がありますが、BookLive「縛り首の木」ならこの手の制限が発生せず、あまり一般的ではない漫画も取り扱えるというわけです。
殆どの書籍は返すことが出来ないので、内容をざっくり確認してから買いたいと考えている人にとって、試し読みで中身が確認できる無料電子書籍はメチャクチャお得です。漫画も中身を確認してから買えます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ