BookLive「ブックライブ」の友よ、また逢おう無料試し読みコーナー


いつも未知のほうへ、生命のきらめきのほうへ、ビリーは向かって行った。ビリー・ザ・キッドといえば、アメリカ西部開拓時代のヒーローとして、数々の小説や映画に描かれてきた。そのビリーの生きた日々を、片岡義男が書くとどうなるか。伝説の男による銃の早技は確かに描かれはするもののここにあるのは少年から青年に移ろうとする1人の男の一日いちにちのていねいな積み重ねであり、主人公である彼さえもがその一部になってしまう北米大陸の圧倒的な自然、そして時代の苛烈さである。ビリーが求めたものは栄光ではなかった。自分を日々新たに鍛え直す、恐怖に似た未知のほうへ彼はいつも向かっていったのだ。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続きはコチラ



友よ、また逢おう無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


友よ、また逢おう「公式」はコチラから



友よ、また逢おう


>>>友よ、また逢おうの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)友よ、また逢おうの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は友よ、また逢おうを取り揃えています。友よ、また逢おうBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると友よ、また逢おうは270円で購入することができて、友よ、また逢おうを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで友よ、また逢おうを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)友よ、また逢おうを勧める理由


ネットにある本の通販サイトでは、原則として表紙とタイトルにプラスして、大体の内容しか把握できません。けれどもBookLive「友よ、また逢おう」を使えば、話が分かる程度まで試し読みで確認できます。
「電子書籍は遠慮したい」という愛読家の方も多くいますが、1回でもスマホ上で電子書籍を閲覧したら、持ち運びの手軽さや決済の楽さからリピーターになってしまう人が多いようです。
物語のようなもう一つの世界にハマるというのは、心身をリフレッシュするのに非常に役に立つのです。分かりづらい話よりも、明るく朗らかな無料アニメ動画が良いでしょう。
電子書籍ビジネスには様々な企業が参入していますから、何としても比較してから「どの電子書籍を選定するのか?」を決めていただきたいと思います。取り揃えている書籍数や値段、サービス状況などを比べることが肝要でしょうね。
売切れになった漫画など、町の本屋では発注してもらわないと入手困難な本も、BookLive「友よ、また逢おう」としてたくさん並んでいるため、スマホが1台あれば買い求めて読めます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ