BookLive「ブックライブ」の日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項無料試し読みコーナー


今、知っておくべき最新51項20XX年――世界一の巨大計画都市が動き出すカスピ海ウォーターフロント。将来、アゼルバイジャン(急成長国・超親日国)で投資・ビジネスをするための必読書●世界的インフラ「BTCパイプライン」と「バクー油田」がこの国をどう変えたのか?●世界の「通信・エネルギーハブ」となり、多様化する新しい経済モデルとは?●世界が集まる「欧州五輪」、「F1」、「ディズニーランド」のポテンシャルは?●世界有数の「急成長国&超親日国」には、どんなビジネスチャンスがあるのか?●アゼルバイジャンでビジネスを始める際に必要な「最新の法務&税務&会計制度」●実際のアゼルバイジャンはどんなところなのか?「経済視察団の生の声」(渡航記より) ・・・日本人の知らない、世界で最も熱く燃える沸騰都市の情報が満載!本書は、日本ではほとんど知られていない国、アゼルバイジャンについて言及した初めての解説書である。今、この国では、世界の注目を浴びるプロジェクトやイベントが進められている。あのドバイを超えると言っても過言ではないほどの躍動感が、ここアゼルバイジャンにはある。アゼルバイジャンという国には、以下のように魅力的な事実がたくさんある。●親日度が世界でもトップクラスである●一般消費者の購買力の成長が著しい●社会主義から資本主義へと一気に変革を起こした国である●日本製品は求められているが日本企業がまったく進出していない●国連・NATO・EUなど国際社会から強い支持・共感を得ている●2020年以降の持続可能性の高い経済成長が期待されている 本書をすべて読み、一度、この国を知ってしまったら、アゼルバイジャンに行かずにはいられなくなるはずだ。そして、実際にこの国に行って見て、この国の人々と触れ合い話してみると、この国の無限の可能性を感じることとなる。きっと、この国で何かビジネスをやってみたくなる。いや、動かずにはいられなくなる。実際にそういったことが起きている。本書は、「アゼルバイジャンでビジネスを行いたい人」「まずは行ってみて次の何かを考えたい人」、そんな人たちに向けて、アゼルバイジャンの基本的な情報はもちろん、会社設立や税務・会計まで、最新の経済関連の情報についても可能な限り網羅した。本書はアゼルバイジャンの真髄を知るための旅行ガイドブックとしても一読の価値はあると思うが、特にアゼルバイジャンのビジネス情報に関しては、その圧倒的な情報量と質は日本随一と自負している。(本書の「はじめに」から抜粋)目次はじめに第1章 ドバイを超える国、アゼルバイジャンの魅力第1節 なぜ、アゼルバイジャンか?第2節 火の国アゼルバイジャン、風の街バクー第3節 アゼルバイジャンへの誘い第4節 バクー油田とBTCパイプライン第5節 ユーロアジア石油輸送回廊第6節 バクー・トビリシ・カルス鉄道第7節 ユーラシア超高速情報通信網第8節 アゼルバイジャンから周辺国への電力輸出計画」第9節 動き始めたこの国の起業家育成とICT宣言第10節 バクーホワイトシティ第11節 ジーラ島カーボンニュートラル主計画第12節 カザ
続きはコチラ



日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項「公式」はコチラから



日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項


>>>日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項を取り揃えています。日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項は2268円で購入することができて、日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項を勧める理由


物を溜め込まないという考え方が少しずつに理解されるようになったここ最近、本も実物として所持することなく、BookLive「日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項」を通して読破する人が増えているようです。
書店では販売していないようなずいぶん前のタイトルも、電子書籍では買うことができます。無料コミックのラインナップには、40代50代が少年時代に楽しく読んでいた漫画も結構含まれているのです。
スマホを持っているなら、どこでもコミックにどっぷり浸ることが可能なのが、コミックサイトの利点です。1冊ずつ購読するタイプのサイトや1カ月毎の固定料金制のサイトなど様々あります。
よく比較してから、自分にピッタリのコミックサイトを決定する人が多いようです。漫画を電子書籍で堪能したいと言うなら、色んなサイトの中より自分のニーズに合致したサイトを選択するようにしましょう。
「比較は一切せずに選定した」と言われる方は、無料電子書籍はどこも同じようなものという認識でいるのかもしれないですが、細かなサービスは提供会社によって異なりますから、比較検討する価値は十分あります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ