BookLive「ブックライブ」の百人百色の投資法 ──投資家100人が教えてくれたトレードアイデア集無料試し読みコーナー


永遠に稼ぎを約束するような「聖杯」はない。だからこそ、我々トレーダーは複数のやり方を知っておいたほうが良い!◆インタビュー本は売れない?この本を作ろうと思ったそもそもの理由は、いろいろな著者と仕事をしているなかで、投資(トレード)のやり方というのは千差万別だと感じたことにありました。トレードのやり方にまつわる話は読者の知りたいところでもあることに加え、数多くの投資家の手法を聞いて、それをひとつにまとめることができれば、そこに何らかの共通項が見つかるのではないかと考えたことも、この企画を進めようと思った理由のひとつです。百発百中や百人百様など、「100」という数字がよく使われていることもあったので紆余曲折ありましたが、人数は100人に決定(後に、100人としたことで苦しむことに)。著者も決まり、準備は整いました。しかし、ただひとつ、気がかりになっていることがありました。それは「インタビュー本は売れない」という業界のうわさです。このことだけを気にしつつ、アベノミクス前の2012年10月に本格的にスタートしました。◆単なるインタビュー本ではない「トレード(投資)のネタ帳」「トレーダー(投資家)の経歴を聞くような単なるインタビュー本では……」という意識自体はありましたので、できるだけ読者の目線に沿う話を聞き出すことに注力しました。入口や出口の戦略(考え方とやり方)はもちろん、トレード(投資)するうえで大事だと考えていること、いつも見ている情報など、普段ではなかなか聞けない話を教えてもらううちに、当初の予定ページを大幅に超えてしまうことに……。ただ、ページ数が大幅に増えた分、読者のためになると思われる話もカットすることなく載せることができました。結果的に、当初の予定とは異なりましたが、トレードアイデアを見つけるときに役立つ、トレードのネタ帳的な本に仕上がったのではないかと思います。【インタビュー項目】・最初にマーケットに関わったのはいつ頃ですか? きっかけも?・銘柄(通貨)を選ぶときには何を重視していますか?・いつもどんな情報を見ていますか(テクニカル&ファンダメンタル)・“何”が“どうなった”ときにポジションを作りますか?・トレードで大事にしていることを3つ教えていただけますか?・ポジション保有中、思惑に反して逆行しているとき、何を考えていますか? また利食いするときはどういう状態になったときですか?・印象に残っている最高の思い出と最悪の思い出は?・ご自身のトレードを一言でまとめると、何を狙ったトレードと言えるでしょうか?・自分がほかのトレーダーとは違うと思う点は何ですか?・投資の世界から引退と考えたことはあるか(理由含む) ◆気になるやり方があれば、ぜひ試してみてください本書(シリーズ)では、さまざまなタイプの投資家(トレーダー)さんたちから、さまざまなやり方や考え方などを聞いています。ノウハウ本ではありませんので、ひとつの手法を深く掘り下げた構成にはなっておりませんが、その代わり、いろいろなやり方や考え方にふれることはできると思います。よく耳にする話のひとつに「リーマンショック前には使えた手法が、リーマンショック後には使えなくなってしまった」という?
続きはコチラ



百人百色の投資法 ──投資家100人が教えてくれたトレードアイデア集無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


百人百色の投資法 ──投資家100人が教えてくれたトレードアイデア集「公式」はコチラから



百人百色の投資法 ──投資家100人が教えてくれたトレードアイデア集


>>>百人百色の投資法 ──投資家100人が教えてくれたトレードアイデア集の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)百人百色の投資法 ──投資家100人が教えてくれたトレードアイデア集の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は百人百色の投資法 ──投資家100人が教えてくれたトレードアイデア集を取り揃えています。百人百色の投資法 ──投資家100人が教えてくれたトレードアイデア集BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると百人百色の投資法 ──投資家100人が教えてくれたトレードアイデア集は1080円で購入することができて、百人百色の投資法 ──投資家100人が教えてくれたトレードアイデア集を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで百人百色の投資法 ──投資家100人が教えてくれたトレードアイデア集を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)百人百色の投資法 ──投資家100人が教えてくれたトレードアイデア集を勧める理由


書籍は返すことが出来ないので、内容を吟味してから購入したいと考える人には、試し読みが可能な無料電子書籍はメチャクチャ重宝するはずです。漫画も同様に中身を見て買えるのです。
スマホを通して電子書籍を手に入れれば、会社への移動中や午後の休憩時間など、場所を選ぶことなく夢中になれます。立ち読みも簡単にできるので、書店に立ち寄ることは不要なのです。
気軽に無料漫画が読めるという理由で、ユーザー数が増すのは当たり前のことです。店舗とは違い、人の視線に気を配ることなく立ち読みすることができるのは、電子書籍だからこその長所だと言っても過言ではありません。
月額幾らと料金が決まっているサイト、登録の要らないサイト、1冊単位で購入するサイト、0円の本が豊富なサイトなど、コミックサイトも各々異なる点があるので、比較した方が賢明です。
話題のアニメ動画は若者だけのものではなくなりました。アニメが苦手な人が見ても思わず唸ってしまうような構成で、人の心を豊かにするメッセージ性を秘めたアニメも稀ではないのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ