BookLive「ブックライブ」の紙の月無料試し読みコーナー


わかば銀行契約社員・梅澤梨花(41歳)が約1億円を横領した。梨花は発覚する前に、海外へ逃亡する。梨花は、果たして逃げ切れるのか? 自分にあまり興味を抱かない会社員の夫と安定した生活を送っていた、正義感の強い平凡な主婦。年下の大学生・光太と出会ったことから、金銭感覚と日常が少しずつ歪んでいき、「私には、ほしいものは、みな手に入る」と思いはじめる。夫とつましい生活をしながら、一方光太とはホテルのスイートに連泊し、高級寿司店で食事をし、高価な買い物をし……。そしてついには顧客のお金にてをつけてゆく。あまりにもスリリングで狂おしいまでに切実な、角田光代の傑作長編小説!! 各紙誌でも絶賛された第25回柴田錬三郎賞受賞作。NHKでTVドラマ化の他、映画も公開。
続きはコチラ



紙の月無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


紙の月「公式」はコチラから



紙の月


>>>紙の月の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)紙の月の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は紙の月を取り揃えています。紙の月BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると紙の月は637円で購入することができて、紙の月を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで紙の月を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)紙の月を勧める理由


スマホ1台持っているだけで、どこでも漫画を楽しむことができるのが、コミックサイトの特長です。単冊で買うスタイルのサイトや月額課金制のサイトなど様々あります。
コミックの売れ行き低迷が指摘される昨今ですが、電子書籍は新たな販売方法を提案することにより、新規のユーザーを増加させつつあります。前代未聞の読み放題プランがそれを成し得たのです。
電子書籍はクレカで買うので、知らないうちに利用料が高くなっているという可能性があるのです。ところが読み放題サービスなら1ヶ月の利用料金が決まっているので、何タイトル読もうとも支払額が高額になる危険性がありません。
読み終わったあとに「考えていたよりもつまらなく感じた」という場合でも、書籍は交換してもらえません。だけども電子書籍ならまず試し読みから入れるので、こうした事態を予防することができます。
コミックや本を買うという時には、ページをめくってチェックした上で決める人が圧倒的です。無料コミックなら、立ち読みするかのように中身に目を通すのも容易なのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ