BookLive「ブックライブ」のあやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)無料試し読みコーナー


「東日本何でもケトばす会」がさまざまな島に旅する「あやしい探検隊」」シリーズの第三弾。与那国島でカジキマグロ漁にのぞんだり、イソモシリ島でカニ鍋をつついたりと旅情をそそる冒険エッセイ。怪しいラッキョ仮面が登場するスリランカの旅やモルジブでのカツオ釣りも収録。本作用に表紙イラストを椎名誠が描き下ろし。巻末には、「対談 椎名誠×目黒考二」「電子書籍版あとがき」「椎名誠の人生年表」を掲載。*当時の写真を可能な限り復元していますが、判別困難なものも含まれていますのでご了承ください。また、復元が不可能な画像はカットしております。*書籍版ではモノクロだった画像を7枚分、カラーで復元しました。また、書籍版未収録の4枚のカラー画像を追加しました。<目次>与那国島 シケの東シナ海でカジキマグロに偏愛する瓢箪島 うけけけ、と泡だち海ボウズが夜更けに笑う由利島 公衆電話をヤブ蚊が守る怪しの無人島猿島 オシルコ波のむこうに浮かぶ「サルではなくてネコ」の島浮島 ゴーマン・ハラダチお説教島の夜は更けないスリランカ(その1) ニッポン日和見(ひよりみ)カレーあかつきに玉砕すスリランカ(その2) ラッキョ仮面の凶器攻撃についてモルジブ 南海の楽園にカツオブシ島があった竹生島 カヌーでめざしたドンブリ島イソモシリ島 北の果ての無人島でカニ鍋を食う単行本版あとがき対談 椎名誠×目黒考二電子書籍版あとがき椎名誠の人生年表
続きはコチラ



あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)「公式」はコチラから



あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)


>>>あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はあやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)を取り揃えています。あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとあやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)は583円で購入することができて、あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンであやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)を勧める理由


バスなどで移動している時などの暇で仕方ない時間に、無料漫画に目を通して読みたいと思う本を探し出してさえおけば、日曜日などの時間が確保できるときにDLして続きを思いっきり読むこともできるのです。
読み放題プランという仕組みは、電子書籍業界からすれば正に革命的とも言える挑戦になるのです。本を買う側にとっても出版社側にとっても、魅力が多いということで注目されています。
新刊が出版されるごとに本屋まで足を運ぶのは時間がかかりすぎます。とは言っても、数冊まとめて買うのは内容がイマイチだったときの精神的なダメージが甚大だと言えます。BookLive「あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)」は都度買うことができるので、その点安心です。
余計なものは持たないというスタンスが様々な人に受け入れてもらえるようになった今日、本も単行本という形で所持したくないために、BookLive「あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)」を経由して閲読する方が多くなったと聞いています。
漫画雑誌と言えば、「少年少女をターゲットに作られたもの」というふうに思い込んでいるかもしれないですね。だけれどここ最近のBookLive「あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)」には、30代~40代の方が「青春を思いだす」と思えるような作品も豊富にあります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ