BookLive「ブックライブ」のお水白書無料試し読みコーナー


2度もドラマ化されたお水漫画の金字塔・「お水の花道」原作者、そして自身も元・お水の城戸口靜が贈るお水の純情ラブストーリー短編集。2年前恋人の祐一に裏切られた彩香は、その傷が癒えないまま、ヤってお客を取るホステスに成り下がっていた。ところがある日、店にやって来た男は祐一に瓜二つだった。動揺する彩香だったが、男に安っぽいホステスだとけなされ…!?(「ずっと……」)、他、夜の世界に生きる女達をリアルに描いた「愛人3号」「ネオン街の贈り物」「今夜はあなたとヤッショ、マカショ」の3編を収録。
続きはコチラ



お水白書無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


お水白書「公式」はコチラから



お水白書


>>>お水白書の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)お水白書の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はお水白書を取り揃えています。お水白書BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとお水白書は432円で購入することができて、お水白書を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでお水白書を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)お水白書を勧める理由


決済前に試し読みをしてマンガの内容を理解した上で、安心して購入できるというのがネットで読める漫画のメリットでしょう。支払いをする前にストーリーが分かるので失敗の可能性が低くなります。
雑誌や漫画本を購入する時には、ページをめくって確認してから決定する人の方が圧倒的です。無料コミックなら、立ち読みと同じように内容を確認するのも簡単なのです。
書店では、展示場所の関係で並べることができる書籍数に制約がありますが、BookLive「お水白書」のような仮想書店ではこの手の制限をする必要がなく、アングラな漫画も少なくないのです。
このところ、電子書籍業界では画期的な「読み放題」というプランが登場し評判となっています。1冊ごとにいくらではなくて、月極めいくらという料金体系です。
使っている人が右肩上がりで増えているのがBookLive「お水白書」です。スマホに漫画を表示させることが普通にできるので、労力をかけて書物を持ち運ぶことも不要で、手持ちの荷物が少なくて済みます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ページの先頭へ